** Chocolate Box **
yuko0922.exblog.jp
Lovely Day...♪
Top
[記事] チョン・ドンハ、復活ボーカル再契約確定!
2010年 02月 25日 *
初めての小劇場全国ツアー立ち向かうグループ復活 “ファンたちだけ考え”    2010.02.24.17:11

2010年2月があまり残っていないある日,ソウル,永登浦(ヨンドンポ)のある練習室では顔なじみである歌たちが流れ出る。
‘苦しがった日にお前を守ることができなかった 美しい~’ ‘愛すれば愛するほど~’
自然に口ずさむことになるこの歌たちは4人組ロックバンド復活が発表した美しいヒット曲たちだ。
来る3月11日から弘大(ホンデ) V_HALLで8日間開かれる小劇場コンサートに備えて盛んに練習中の復活の練習室を訪ねた。
防音装置になった厚い門を控えめに開くと‘国民ハルメ’でもっと知られたギターリスト キム・テウォンが先に優しく迎えてくれる。
芸能では不十分でとんでもないイメージの隣の家おじさんコンセプトで登場するが
舞台だけは‘あるカリスマ’とする伝説的なミュージシャンがまさにキム・テウォンだ。
ギターを握った彼の目つきはやっぱり芸能でしばしば見た目つきとは明らかに違った。
実戦でない練習だったが柔軟にスティックを回すドラマー チェ・ジェミンとベーシスト ソ・ジェヒョクには余裕のあることさえ感じられた。


歴代ボーカル中最も長い間の時間活動中である末っ子チョン・ドンハはチーム内唯一の20代であり若い血. (1980年生まれ、数えで30歳)
去る正月よく盲腸と呼ばれる虫垂炎で手術をしていくらも経っていなくてからだの具合が悪いでしょうが彼はごまかしていい加減に移ることがない。
“互いによく見られない方なのにコンサート控えているから この頃はしばしば集まることになるようですよ。”(チョン・ドンハ)


e0114993_2145658.jpg





▲復活,第8の全盛期
リーダーでありギターリスト キム・テウォンによって1985年結成された‘復活’がいつのまにかデビュー26年目に入り込んだ。
その間キム・ジョンソ,イ・スンチョル,パク・ワンギュなどチームのボーカルを経て行った歌手たちと
ベーシスト,ドラマーなどを合わせれば二十人近く26年間復活に身を置いた。

“ディップパープルも創始期にはメンバー交替がよくありました。 今復活がついに定着期に入り込むのです。”(キム・テウォン)
この前ボーカルチョン・ドンハの再契約を終えたといった。
“復活でボーカルが再契約することは最初のはずです。 事実再契約ということもなしで皆先に出て行ったからです。 ハハ”(キム・テウォン)
2005年正規10集から復活に合流したチョン・ドンハは5年目チームのボーカルで活動中だ。
チョン・ドンハは今回兄さんたちから再信任(?)まで受けたから 今,もっと復活のために熱心に努力することだけ残ったと謙虚に言った。
“いつまでできようかと思った不安感が消えると心がもっと楽になったようです。
30周年コンサートも兄さんたちと一緒にできるようにもっと熱心にしますよ。”(チョン・ドンハ)





▲最初の小劇場全国ツアー
小劇場コンサートはその間何回あったが今回のように全国ツアーは最初だ。
“1月に感謝の気持ちで小劇場でファンミーティングをしましたね。 座席がいくらないと見ると多くの方々が入ってこれませんでした。
とても残念だったんですよ。 それで小劇場公演をしてみることにしたんです。
どうしても小劇場公演は近い通路でファンたちと向き合うことができるし,多様にお見せすることができるでしょう。”(ソ・ジェヒョク)

復活は3月中旬12集パート2発売に先立ち開かれる初めてのソウル コンサートで最初に新曲とミュージックビデオなどを公開する計画だ。
パート2にはメンバーらが直接作詞・作曲した新曲4曲とキム・テウォンが他の歌手たちのために作曲したが
大きい注目をあびることが出来なかった曲ら中3曲を選別して‘復活らしく’歌詞も若干修正して編曲作業を経たリメーク曲が収録される予定だ。

“今ファン カフェなどを通してリクエスト曲を受けている中です。
小劇場コンサートであるだけに観客とそれだけ疎通が重要だから,最大限観客らを考える公演で整えてみるつもりです。
それで特別な演出もなくてただ舞台の上でその時その時レパートリーを変えていって楽しくしてみるつもりです。”(チェ・ジェミン)





▲芸能のキム・テウォンVSミュージシャン キム・テウォン
キム・テウォンは昨年芸能出演で得たものなどに感謝した。
“率直に芸能をして失ったことはないと考えます。 むしろ成し遂げましたよ。
音楽の他に他の分野の優れて広い方々を知ることになってメジャーの通路を知ることになったことでしょう。
音楽する人々どうしいてみるならばその通路を分かりませんね。
私を通じてアンダーにある友人らが希望の火種を少しでも生かしたとすれば成功です。
とにかく復活が以前より人々にたくさん知らされませんでしたか?”

彼の話のままに復活はいつの時より認知度が高まった。
彼は“冷静に25年間復活のリーダーで歌は大衆に知らせたが,復活自体を知らせるのに失敗した”として
“芸能により明らかにそれを成し遂げた”と評価した。
代わりに彼は体力を失った。 去る1年間芸能番組をしながらただ一日も休んでみたことがないと言った。
身はますます衰弱したし疲れていった。
昨年全国ツアーを控えてからは結局固定で出演中だった‘スターゴールデンベル’と‘シャンパン’で自主下車することもした。
幸い今は体力をたくさん回復した状態と。

“今いつの時よりときめきます。 最も近くで観客らに会うことができるということ。
今年は全国を回ってこのように直接観客らに会わなければならないですね。”

ホン・ドンヒ記者/mystar@heraldm.com 写真=イ・サンソプ記者/babtong@heraldm.com 元記事はコチラ






復活メンバーによる、率直インタビュー記事でした^^!!

(翻訳機の文字は読みにくいので、わかる範囲で修正してあります。)

噂ばかりで聞いた 『再契約』の話が、文字で確認できてとっても嬉しいっ♪♪
 
こんな遅い時間なのに、更新せずにはいられないくらいで~
   
Part2 アルバム曲の内容や、全国コンサートの話も興味深くて... ときめきます053.gif053.gif053.gif




ドンハ君、ファイティン...^^♪   プファル、ファイティン~!!! 016.gif







e0114993_15473894.jpg



上の記事と内容がほぼ同じなので... 紹介だけ^^*

"レパートリーない公演...観客が完成させる"   ※ 元記事はコチラ


e0114993_15482592.jpg

[PR]
by yuko_0922 | 2010-02-25 02:15 | BOOHWAL *
<< [映像関連] KBS2 余裕満... ページトップ 12集 Part2 MV撮影現... >>
The Original by Sun&Moon